零れ詩 

カテゴリ:未分類( 8 )

自分との闘い

自分の一部と思っていたものを切り離す

自分のだめなところを断ち切る

名残惜しさではなく

先に進むことをとる。




それは、自分自身との闘い




哀しくなることはない。

視野を広げ、大切なことに正直に向き合えば
おのずと先へ進んでいく

感情にまかせることなく
行動することだ。

やることは、やる。

されば先へ進める。
[PR]
by tokyo.full-moon | 2009-01-31 14:02

エール

頑張れ

といってしまえば息をつまらせることになる。

君のことをおもえばこそのことなんだが。




僕らは言葉に出してはそうして傷つけあってしまうのだが

いつもそうやって喧嘩して、後悔して、沈黙した後は




ただ、


「がんばれ!」



と、ぐっとこらえて念じている。


いつだってそう。
[PR]
by tokyo.full-moon | 2008-11-08 02:21

ナミダ

僕が口をあけた瞬間、机から水が漏ってきた。

長時間おいていたラテから出た水蒸気が
机に染みてきてとうとうぽたぽたと私の足に垂れてきた。
かわいいカフェなのに ぼろい机だ。

自分と反対のことを相手が考えてて
手を伸ばしても拒まれるかもしれないと恐れたことは
正直初めてだった。

手をつなぎ、抱き合い、キスをして、結ばれて・・・・結婚して
求めても拒絶されることを本気で恐れたのは初めてだった。
泣いても泣いても結ばれることはない。


家に帰るときにうちの猫の彼氏ネコがいた。
うちのみいよりひと回り小さい猫と一緒だったようだった。

この日に限って家では葬儀をやっていて、
盛大な葬儀が行われた後で、
亡き人の大きな写真と、棺おけが一晩そのままになっていた。

せみの大きな鳴き声が聞こえたと思ったら
うちの猫がせみをひっかいていたぶって遊んでいた。

かわいそうなのでせみから猫を引き離してやった。
せみは蛍光灯の上に止まって動かない。

僕は二階へ上がった。
[PR]
by tokyo.full-moon | 2007-08-16 21:08

コトリエと恋

恋について分かることは実は少なくて
本当は恋したことなんてものすごく少ないんじゃないかと、ふと思ったりした。

 とりあえず恋していると
・開けた場所に来るとものすごくせつなくなって、
・ぼーっとしてたらいつまででもぼーっとできて
・そして結構卑屈になる

っていうことぐらいかもしれない。


そんなわけで
いまさらですが

あけましておめでとうございます!w
年末年始はダウンしてたんですが

今日はコトバノアトリエというアート教育団体の活動に加わってきました。
SFC生ならきいたことがある人は多いかもしれないですが、
まあ要するに文章教室というか作家のエキスパートを作るのを一応目的にしているようです。
といってもとりあえずことばでコミュニケーションするのが基本活動みたいなかんじで
今日はなんやら「恋」についてのエッセイをみんな書いてくる、
というのが宿題だったらしい。

私も前日のミートでそんなことをきいてあわてて「恋について」を書き上げ、
プリントアウトしていった。
そしてもう何部かコピーするときになぜかコンビニに原稿を忘れるという最悪のミスをおかした。
本名書いてあんのに・・

みんなが書いてきたエッセイを読みあって議論というか感想言い合うんだけど
恋バナ炸裂かと思いきやわりとみんな文章の書き方の批評をしていた。
というか批評せざるをえないくらいわかりにくかったりするからなのかも。
いや、でもよく書けてたよ、うん。
やっぱ恋とか言われてもなかなか整理できませんもんね。

でもそういいう作業ってやっぱ結構大事だよな、と思う。
とりあえず書いてみる、みたいな。
思いついたら書いてみるみたいなのの方が結構本音をかけるし面白い、とかって話を後の飲み会でも話題になった。下手に小論文の書き方を教えるよりいい
というよりは、小論文の前段階。基礎の基礎みたいなもんでしょう。
結局鶏鳴(前日記で紹介した国語塾)と同じようなかんじです。あれの中学生バージョンです。

ここに来て思ったのは結構ここで自分の考えとか意見をぶつけて想いを発散している子が
わりといるんじゃないかってこと。
まあこういう塾(?)に自主的に行く子はかなりめずらしいと思うが(でも私ならたぶんいくだろう)
そういう子ってわりとませていて、自分の考えとか論理を他人にぶつけてみたかったり、
周りの子と違う観点で持論をもっていたりする。
そういう気持ちってなかなか外に出したり人に言ったりする機会って結構なくてさ、
特に中高生は。
そういう場ってないしね。

だからともすると中高生の思想はひとりよがりになりがちだと思う
(というか私はかなりそうだった。
だから鶏鳴に行ってわけわからん持論を書きまくって叱られた)

思春期の悩みや考えは、表現し、理解してもらい、認識し、先生や他人の思想を知り、解答を探す作業と場が切に必要なんじゃないか。
結構考えりゃあたりまえっちゃあたりまえのことなんだが。
それが本を読んだり、「先生」という存在を見つけて学び考えることだったりするんだろうなぁ。

でもそれを教育はどうサポートしてあげられてるんだろうとか思うと
実はぜんぜんサポートなんかしちゃいないような気がする。
ほとんどそういうことって個人作業でしかない。

あぁ、だから私の中高時代はあんなにも悶々と悩み、
図書室の心理学の棚にかじりついていたんだネ
とか思ってちょっと納得。

やっぱ国語教育っておもしろい。
アート教育?
むしろこれは何教育なんでしょう。

そしてまだまだ勉強足らずの自分なのでした。

ちなみにここ、コトバノアトリエで1ヶ月だけ、詩の授業をやらせてもらうことになったなり。
[PR]
by tokyo.full-moon | 2006-01-08 01:56

深夜一時のとんこつらーめん

夜をわたしはむさぼり食う。

ひたひたとお湯につかってまきつく
悩ましいかなその姿
3分待てとかいって・・ まあ一分でいいや
早熟な君にかぶりついた私
深夜1時のとんこつらーめん。



熱い君の抱擁を顔中に浴びて君をむさぼる わたし
いい味出してるねぇ
わたしの身体はだんだん熱くなる

さらに底へ
目指すは夢と根性
君との約束
君への愛着
精神
てんでばらばら

あは
ただ君を食べたいだけ

底まで食べつくし
君という人格がなくなる最後まで君をなめつくす
私はさけぶ

君を、骨の髄まで愛してる!
[PR]
by tokyo.full-moon | 2005-10-30 01:34

桜木町

b0017950_1222672.jpg

最近よく桜木町に行く。
いいね、あそこは!
最近は春風が吹いて暖かいし最高ですよ。

ところで最近切にサークルについて悩んでる。
どうしよう
これから何しよう、
基本的に団体行動が幼稚園の頃から苦手な私は相当なげやりぎみだ。。

国際交流とか国際会議ってなんで必要なんだと思う?
ねえ だれか教えてよ。


ところで最近怒ることについて考えている。
ていうのもうまく怒れるようになりたいんだ。
怒るっていうのはつまり相手に反論をするわけであって
つまり論理で返さなきゃいけない。
ただすねたり無視したり泣いたりするようでは相手へのメッセージ性が弱い。
泣いたりするのは一番たちが悪いと思ってしまう。
だって自分がつらいのをねえ、わかってよ、怒ってるんだよ!?っていうのを相手に
自分からつたえるというのではなく
近づいて理解してもらおうとしてるサインだからだ。
かなり受動的な手段だと思う。

ていうのも私はうまく怒れなくて親とのけんかもすぐに泣いてしまったりするから。
あー女々しい自分がむかつく。

そんなわけで激しく相手に抗議したりののしったりできるのはそれなりの根拠を明示できてるからだと思い、つまりはもっと論理的な手法を用いて相手に立ち向かおうと思ったわけだ。


ところで最近カフェバイトが非常に自分に役立っていることを感じた。
なんてったってとろい人間ですから私は。
周りに気をつかえないし気が利かない。
だからこそああいう臨機応変な仕事にはむかないんだけどそこをがんばって努力するところに
これから社会に出ていいったり物事を一人で解決しようとするときに役に立つ。
自分から今この場でどう動くべきか
という判断をすることができるようになる。
自立への第一歩です。

ところで最近フラメンコギターを本気でやろうと決心しました。
本気で、って別に一日何時間もやろうとかってわけではないんですが。
プロになるつもりはないです。
ただそのかわり一生やっていきたい。
これからはとりあえず社会的に自分がやりがいを感じる活動を見つけていきたい。
アートで飯を食うのはたしかにちょっとずるいと思った。

ところでこれから出かけなくてはなりません。それではまた!
だれかコメントとかくれるとうれしいっす。
[PR]
by tokyo.full-moon | 2005-03-10 12:02

あけましておめでとうございます

どうもあけましておめでとうございます
ただいま全身筋肉痛
ふつうにキー押すのもつらいくらい

正月3日から以前はいっていたサークルのメンバーたちと一緒にスキー&スノボに行ってきました。せっかくだからと思って私はスノボをやった。10人くらいいてスノボは3人しかいなかったけどなんとかかんとかして教えてもらいつつそれなりに滑れるようにはなった。でも転びようが半端じゃなかった。もうそれはギャグみたいにこけまくった。ふつうに半回転していたw
でも面白かったな~ すごい面白かった。 楽しかった。 たぶんスノボは自分にむいてるんじゃないかと思ったw 勝手に。 こけてもおしりとひざにクッションが入ってるスパッツを中にはいてたからいたくなかったし。とにかくこけてもさして大丈夫だとわかってる時点でやりやすい。相当臆病者の私でも大丈夫。それでもってスピードもたくさんだせるし。自転車乗るのがもともと大好きだからそんなかんじで。


正月にははじめてひとり初詣に行ってきましたw
家が寺なので朝3時から座禅、読経。。お茶菓子やお茶が出るんだけど今回はお手伝いしなくてはならなかったので礼儀作法にしたがって配る、下げる。そして自分はなし! 苦・・!
そんでひととおり終わったらおせちをみんなで食べます。ほとんどが一般参加者、外来者です。40~50人くらいでしょうか。もし興味があれば来年からあなたも参加して見られてはいかが・・? 一応ただで高級おせちと酒がふるまわれますがそれだけを目的に来るようなとこではないのでご了承あれ。来年もそしてこれからも私はみなさんをもてなしてますんでw

ひとり初詣はなんだか行かなきゃいけない気が無性にして行きました。
行ったわりにおみくじは末吉であった。
でも去年が大吉だっただけにまあそれもしょうがない話なのだ。

そんで家に帰ってようやく寝れる・・・と思いつつ布団に入る。
でもその前にメールでもチェックしておくか、と思いPCをつける。
なんとなく調べていたら
ラフォーレの福袋が今日から売り出しだということを知った
あああー どうしよう 汗
ラフォーレには私の好きなブランドがいくつかあるのであった。
よく行くのはsheloves.room 
そこの福袋は限定50個ということでとりあえず電話してきいてみる。
まだ5~6個残ってるらしい。
・・・・・
行くか!!

ということで睡眠不足で死にそうなまま原宿にくりだす。
めちゃめちゃこんでた。原宿。正月とは思えなかった。
人ごみに流されてうっかり明治神宮まで行ってしまった。

福袋は余裕でGET!!
やたー!
ということでまた死にそうになりながらすぐに電車に乗って家に帰る。
バタンキュウ。。
福袋は、、、
思ったよりよくなかった。
結構へこんだ。。
へこんでたら妹がやってきた。
え、別にはずれじゃなくない??

はあー ありがとう。これからがんばるよ。

てなわけでハードなお正月でした。
みなさん、本年もよろしくお願いします(_)
[PR]
by tokyo.full-moon | 2005-01-06 15:39

大晦日

みなさんお元気ですか。
今日は雪がすごかったね。
こんな日に私は新宿へ行ってきました。
こんな日に限ってめずらしくスカートにブーツでした。
やな予感はすごくしてたけど
案の定新南口エスカレーター前ですってんころりんしました。
は、、恥ずかしすぎ・・・・・w
かなりみんなにみられた。。

今年一年をふりかえって。
なんだかんだで今年一年はだいぶ私にとって大きな転換期であったように思う。
それは小中高と、狭いコミュニティの中で過ごし、特定のネットワークしかもちあわせていなかったのに対して
私にとって大学という場は世界に開けた開放的で思いっきり自由な場所だった。

もちろん状況的なこともあるけれど、なにより思考が変わったと思った。
元来私はうじうじうだうだめちゃめちゃ悩む対質の人間で、それはもう物心ついたときからそうであった。内向的というか自閉的というかおとなしいというか。それは高校生になってもずっとそうだったし、そのせいで人とすぐ壁をつくろうとする。

大学に入ってからもまだその傾向はあったけれど、やっぱり変わったと思う。
それはなにより「考えることがよいこと」というスタンスできていた自分の考え方が変わったのではないかと思う。
うだうだ悩んで、苦悩して、心を傷つけて、それで自分にどうプラスになるっていうのだろう。
自分が前に進みたいから悩んでいるのにやっていることは結局自分をどんどんマイナスの方向に導いていっているだけだったのだ。
何より大事なのは心身共に健康であることなのだ。

そう思うようになってからだいぶ楽になった。
肩の力がだいぶ抜けたように思う。
まあ今もまだ抜けてないとは言われるけど、、、はい。
自分勝手だとも指摘されたりもするけど

すごくよいカルチャーショックだった。
それを受けさせてくれたのはほかでもなく私の周りにいる人たちだった。
みんながすごく優しくて、すごく楽しそうだから 
だから私は楽しい日々を送れたんだと思う。

この場をかりて

どうもありがとう。

来年もよろしくね。
[PR]
by tokyo.full-moon | 2004-12-31 22:58