零れ詩 

カテゴリ:04Winter Poem( 29 )

はるやすみ。

終わった。
とりあえず試験が終わった。
つらかった・・・
というほど勉強してない気もするが、
とにかく朝妹の部屋でいつまでも漫画読んでるわけに行かないのがいやだったし
勉強の邪魔になるものがとにかくいやだった。
バイトも休んでしまったし、。
今月収益2000円くらいだぞ、汗

てなわけでバイトもしなきゃと思う。
ちょっとパーティコンパニオンのバイトをしたいんだけど
親にとりあってもらえません。
うーん なんかお水っぽいイメージがあるんだろうね。

そしてお金がたまったらまたしても旅に出たいぞ欲求。
友達に借りた「世界遺産」という写真集をみたらめちゃめちゃ感激した。
とにかく外国に行きたい今日この頃。
でも親に友達とか個人では行かせてもらえない・・・
く、、くそー。。
困。
とりあえず国内を旅行しよう、 っていう。
あーでも海外に行きたいよー 涙
SFCの人は海外行く人がまじで多くてむかつく。。汗
私もメキシコ行きたいぞー!うがー!

まあしばらくはテストも終わったことだし遊んで暮らすようなかんじ。
なんか予定がたてこんでいるぞ。
[PR]
by tokyo.full-moon | 2005-01-29 07:40 | 04Winter Poem

気をつけてね

最近いってらっしゃいといった後に
気をつけてねと言えるようになった。
[PR]
by tokyo.full-moon | 2005-01-26 14:17 | 04Winter Poem

夜の歌

暗闇が怖いと思ったのは久しぶりのことだった
それは突然やってくるもの
恐怖と逃亡が絡み合っている不思議な気分だった

それの正体は
今日わかったんだけど
目の前で松葉杖をついてひっしでJR恵比寿駅を横切ろうとする
ちょっと前まできれいだったお姉さんだった。

夜に外に出るとき怖くなってしまうのは突然のことなんだけど
そういうときは決まってあっても
決まってどうしても外に出なきゃいけなかったりもする。
そんなわけで予備校に行ったまま自分は家に二度と帰れなくなるんじゃないかと
かわいそぶって自分を案じたりもした。

消え行くものはか細いもの。
ひっそりとした死の香りだった。
君が死ということばを使わないでと漏らすように
私も病院のエスカレーターから降りてくるやつらをむちゃくちゃにあたりちらしてやりたい

いつかは消えてしまう時を
今はただ前をむいて生きていますと
前向き発言して終わるような話なら苦労はしなくて

いつか

消えてしまいたくない


消えないで。
[PR]
by tokyo.full-moon | 2005-01-23 16:00 | 04Winter Poem

軽く近況

どうもっす!!
最近まためっきり書いてなくて友達に読者を無視するなといわれました。
最近は課題と試験で大変で候。
研究会に入ろうと思っているで候。
タイピング試験もいい加減うからなきゃで候。
ここんとこ一日4食が定着しそうで候。
でもなんとなく顔がむくっとしてきた気がするので気をつけようと思ったで候。
こないだは個別教師にひさびさに行ったらこうたという名前のめちゃくちゃ生意気な小4の男の子を教えていて逆に問題を出されて解けなかったで候。とにかく集中力のないやつだったのでくすぐったりはたきまくったで候。その後にいつも教えてるまたこれ生意気な中1の男の子がかわいく見えたで候。ていうか私が教えている子は周りの先生からもひとくせある子といわれてる子ばかりで候。
昨日はまたNPOカタリバのワークショップに友達と参加してきたで候。ロジカルミーティングについてだったで候。
今日で彼氏とつきあって2ヶ月で候。
最近やっぱり留学するぞと決心したで候。
そのために車の免許とるとかどうのってよりも
料理ができるようになろうと思ったで候。
友達と多国籍料理の食べ歩きをする計画ができたで候。
春休みはカタリバの高校で行うイベントに参加してみようと思っているで候。
でもたぶん深入りはしないで候。
3月にはフラメンコの東京公演があるで候。
こないだフラメンコの連盟委員というものになって初めて連盟会議に参加したで候。事務的作業がめちゃめちゃ苦手なコンビで委員やってるもんだからだめだめすぎて逆に漫才コンビといわれたで候。
今度こそ旅をしたいので誰か日本国内でおすすめのスポットがあったら教えてplease。

課題が終わらないよー 
生活者は書くことがいっぱいありすぎて逆にまとまらないよー
とにかく記憶力が自分はめちゃくちゃ悪くて困ってるよー
それでは、みなさん、お互いがんばりましょう。
[PR]
by tokyo.full-moon | 2005-01-23 14:50 | 04Winter Poem

夢の底

もくもくと這い上がる雲をみて

きみのことが好きだ

としかいえない僕は

自分が生まれてきたことの不運を

そこに重ね合わさずにはいられなかった。



今日も月はのんべんだらりと横にねっころがってやがる

気持ち悪いものは何よりも先に体の底に流れてきて
悪意をもってそれを嘔吐によって吐き出すことしか私にはできない
[PR]
by tokyo.full-moon | 2005-01-20 00:38 | 04Winter Poem

希少価値

あ、この漬物おいしい!

アート教育イベントの帰り、恵比寿の大戸屋でごはんを食べた。
イベント終了後はカラオケに行くだのという案もあったけどここはぐっとこらえてまた今度。
今日は疲れただろうし課題あるだろうし解散しましょう。ということで。相棒と飯を食べる。

あ、じゃあこれあげるよ

と相棒は自分の漬物も差し出した。

え いいよいいよ

てかこんなにいらん

つけものはこの小さな器にちょこっと入ってるからおいしいんだよ?

少ないからこそおいしい。


アート教育もねらいはそんなようなものだったのかもしれない。

私としてはかなり
かなり思ったよりいいかんじにできた!
相当たくさんの人に迷惑をかけて自分自身大混乱していたが、
結局最終的には高校生にすごく楽しかったという感想をもらってだいぶだいぶ満足だった。

しかし今後の課題は
なんだ、あれだ、
このイベントに関わってくれた美大の学生さんがいたのだけれど、彼女たちにはいまいちこのイベントの趣旨がうまく伝わっていなかった模様。というか伝わってなかったからいけなかったのか、もしくは趣旨がそもそもあいまいなのか。たぶん後者だと思うんだけれども。

アートを通して得られるもの。それは自己表現であったり
コミュニケーションであったり。

(つづくw)
[PR]
by tokyo.full-moon | 2005-01-17 18:10 | 04Winter Poem

総合政策的な展望

ああ


転部すればよかった。。

と、あらためて大後悔してしまった。
さっき新宿でAPASEの元リーダーに会ってきました。
いやーなんかいろんな話きけた。
自分がこれからAPASEの代表になるかもしれず、
もしかしたら自分の思うような教育ビジョンをもった団体をつくることができるかもしれないと聞きつつ迷いつつ、

頭の中が大混乱なんだけど
やっぱり自分の思いを社会的に実践することができるというチャンスはまたとないものだということを噛み締める。
わりと大きなチャンスかもしれないし、単なるひとつの選択肢にすぎないのかもしれない

ただ、話をききながら私の頭の中でしこたままわりつづけていたのは

やっぱ総合に転部しときゃよかった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


ということだった。

しょうがない。
[PR]
by tokyo.full-moon | 2005-01-14 00:36 | 04Winter Poem

ぐるぐるな日々

忙しい、、、
忙しいというかもう
てんてこまいだ、、

昨日は自分の母校に行ってきました。
アート教育プロジェクトの広報のため。
しかしもう先生に全否定される。
私はそこでボランティア委員という委員会の副委員長をやっていたんだけれど
その顧問の先生から 
お前はそういうのわかってると思ってたのに
みたいな
見損なったぞ的なことをいわれてしまった。
生活者の社会参加
って
なんなんだろう、、
悩 悩

ということやっぱり環境から総合に転部しようと思いついた。
だってなんでかっていうと総合のようなマクロ的な視点、
自分がやっている行為が社会的にどんな意味をもつのかをきちんと把握しておくべきだと思ったからだ。
会社に勤めつにしても、エキスパートになるにしても、非営利組織に勤めるとしても、
アーティストとして活動するにしても

とか思ったのはいいんだがいぁ書類を(一応買ってはあったので)家に帰って確認すると、
意外とタスクがてんこもりなことに気がつく。
おいおい、、ただでさえ最近寝てないのに永遠に寝れないぞ、このままじゃ。。困

ううーー
って
トフルのスコア表がいるらしい
どうしてもいるらいしい

って
ない!
てかたぶん


捨てた!




というわけであきらめ、、、、
ああーだめだー
いいやもう
これをネタに生きていくわ、私は。

まあ変に考えを狭めることはない。
前向きに前向きに。



てなわけで次の日は早朝から新宿へ行きます。
ビラ配り!!
アート教育プロジェクトのイベント告知です。
昨日あんだけぼろぼろに言われたのに、 まあもうひきさがるわけにはいかないし何しろ自分が正しいと思ったことを一生懸命にやることが大事なんだ、人間なんだかんだみんなたいしたことはやってないんだ、大事なのは姿勢だ!
と父に言われたのもあってがんばるぞ!おし!!


2:3 で 吉祥寺、渋谷のビラ配りをやる予定

だったんだが実際一人来ず、一人遅刻。。

あれ

私一人渋谷行くっぽい?

ってかんじでしょうがないのでとりあえず一人でビラ配り。
さ、、、
寂しい。。。。
てかだめだ、、緊張・・・・
とりあえず待ち合わせでたむろしてる女子高生に話しかけて渡す。
汗 汗
汗 汗
でもなんだかんだで思ったよりもらってくれる。
まあまあまあ、
と、相棒登場!
遅いぞ! まじ遅いぞ!
もう8時すぎてんですけど!

てなわけで二人で再開!
しかしもう結構人並みは途切れていく、、
ううーん、
でもだんだん慣れてきたぞ 
もうじゃんじゃん行こう
でも人が、、いない、、

おかしいな、、私は高校のころいつもこれくらいの時間に登校してたぞ。。


結局配ったのは10~20人くらいかな。
まあ今晩も新宿行くから突如高校生見かけたら配ってみよっと。

そのあとは相棒と朝マック。
ああー、なんて優雅な朝ごはんだ、、しみじみ、、
いつも寺の儀式的な雰囲気の中私語禁止で朝ごはんたべてるので、
こういう普通に朝ごはん食べるのはほんと貴重なんです。

さて、ではでは、タスクを少しでも減らそうっと。
[PR]
by tokyo.full-moon | 2005-01-13 13:29 | 04Winter Poem

ひっくりかえった現実

外は寒々としてんのになにしてんのさ
そんなとこで
早くおうちへお入りよ
外は寒いんだって
ねえ
手は赤く
首は白くなっているよ


淡く湿った空気は僕の体内からむわむわと膨らんできてんのだろうか?

それともぼくがむわむわと膨らんじゃってるのかなぁ。


明日が見えない。
それでも気持ちは一人歩きして
まっすぐと天国と地獄の狭間を高速スキップしていく。

頼もしいよ君が
空は高くあがっていく

背伸びしたって届きゃしないよ



朝は早い。


鳴らせよ目覚まし



履けよ

お前のかたいくつした



「いってしまえ」




かたくしめよ

茶色いドア。

二度とあけんな。
[PR]
by tokyo.full-moon | 2005-01-11 01:51 | 04Winter Poem

元気

ひさびさの学校は楽しかった。
ふつうひさしぶりに学校に行くときっていつもながらの人見知りが再発してすごく臆病になっているんだけれど、毎度、みなさんのおかげでなんとかなっております。
てか楽しい。

元気なのはちょっと問題だなと思った。
自分のやりたいように全てのことをまわす。
それはひとりの感覚を保っているからこそできることなのかもしれない。
ひとりでなんでも思うとおりに出来るような自由な感覚をもっているだけに
それだけ人を傷つけたり寂しがらせたりする。
私には遠距離恋愛なんてとうていできないな、と思った。
[PR]
by tokyo.full-moon | 2005-01-08 11:27 | 04Winter Poem