零れ詩 

眠れない夜
小さな羊が僕のふとんにやってきた

ふわふわとあたたかい体毛と
小さくやわらかい吐息

僕のかじかんだ手に羊は身を寄せる

きみは、知っているんだろうか?

きみのなにげない仕草で
僕が救われているということを

しずかな微笑みが
僕を満たしてくれていることを


おやすみのあいさつを目で交わすと
羊は僕と一緒にすぐに眠ってしまった


心臓のなる音がこちらまでしっかりと伝わってくる

まるで 

僕が生きているということを
君が証明してくれているかのように


きみは、気づいているんだろうか?

世界の全てがここにあるということを


僕が君のことを
ずっと探していたということを


おやすみ。
[PR]
# by tokyo.full-moon | 2011-02-10 01:35 | 10

知らない言葉

氷水の滴る音

眠い夜に きみの部屋のドアを叩いた

誰にも見せたこともない

誰にも伝えたことのない

きみの言葉が私は欲しいから



同じことが繰り返されるのは嫌

何度同じ布団で眠っても

きみと私は完全に混じり合うことなんてないんだから


同じ言葉は使わないで

私を同じ女性と思わないで

私を他の誰かと同じにしないで




眠る部屋に 正午を告げる鐘

どうか今日もいつもと変わらない
大切なあなたでいて
[PR]
# by tokyo.full-moon | 2010-12-27 00:11 | 10

美しい蝶

そのとき

虹色の蝶が舞った

私の額とあなたの額に

そっとキスをして

澄んだその先にゆっくりと弧を描く
[PR]
# by tokyo.full-moon | 2010-11-04 14:54 | 10